スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告


神の祝福は青いようです

お題をもらうついでに書いたものをナギさんがまとめてくださったヘコヘコ
なのでタイトルつけなかったんですが、素薔薇しいタイトルをナギさんがつけてくれたので
そのまま拝借してますー

こう見ると、自分のタイトルセンスのなさにシャッポを脱ぐ思いですNE!

ξ ゚⊿゚)ξ「ほら見て。青い薔薇がついにできたって」

(;'A`)「……青……い、か? これ」

ξ ゚⊿゚)ξ「青でしょ青。私が青っつったら どす緑も青になるのよ!」

('A`)(なんというジャイアニズム……)

ξ ゚⊿゚)ξ「不可能」「神の祝福」

('A`)「は? 何の呪文それ」

ξ#゚⊿゚)ξ「呪文じゃないわよ! 花言葉よ! 青い薔薇の!」

('A`)「あぁそう……ずいぶん極端だな、その意味」

ξ ゚⊿゚)ξ「少し前までは、青い薔薇を作ることは「不可能」とされていたのよ。
     交配させて作ろうにも、青色の遺伝子がなかったから」

('A`)「へぇ……つーことはあれか? 不可能だと思われてた薔薇を作り出せたから、」

ξ ゚ー゚)ξ「そう。不可能の象徴は「神の祝福」によって生み出された。
     自然界でも珍しい、青っていう色をもって。だから不可能と、神の祝福なのよ」

('A`)「……」

ξ;゚⊿゚)ξ「な、何よ。似合わないとでもいいたいワケ?」

('A`)「いやあ……自然界に存在しない青、が神の祝福っつー意味だとしたら……
    まぁ、なるほどなって思ってさ。」

ξ ゚⊿゚)ξ「え?」

('A`)「青いだろ?」

ξ ゚⊿゚)ξ「何が?」

('∀`)「神の祝福で生み出された、俺たち「ヒト」が住む、この星がさ」




そう言ったときの、彼女の顔と言ったら。
スポンサーサイト

短編
0 0

comment
comment posting














 

trackback URL
http://mochiya99.blog25.fc2.com/tb.php/58-68a1d1d0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。